NOMADIC CIRCUS presents TARUBITWUの手仕事展
@LOURMARIN MARKET&GALLERY 中目黒

★ 好評につき ”TARUBITWUの手仕事展” in東京 開催決定!

4月に開催されたマリン&ウォーク ヨコハマ 1周年ポップアップショップ後半にて、約2年ぶりに新作発表を行った、
ファッションからインテリアプロダクツまでを一貫したハンドメイドにこだわって製作を行う"TARUBITWU"。
待望の東京巡回展を開催します。
新作のバケツ型バッグ「サマークリアバッグ」をはじめ、1点もののバッグやアクセサリーの他、
TARUBITWUセレクトの器や、MELIDA Linen &Herbsとのコラボレーションハーブも展示販売いたします。

日時

2017年6月16日(金)−25日(日)
11:00 〜 19:30
※最終日は19:00までの営業です。お間違えのないようご注意ください。



TARUBITWU(タルビトゥ)
幼い頃の感情は色だった
やがてそれは、日常に溶け込み
想像の世界を軽く飛び越え、形となった

旅の色、アトリエの空気、暮らしの匂い
懐かしさや忘れたくない瑞々しい想い

日々に寄り添うすべての営みが生きる証であり
その様は美しく辺りを彩る

型取り、染め、架空の花をつくる
手仕事と、世界各地のテキスタイルの織りなす色模様

タルビトゥは一瞬のひらめきと
溢れる想像から始まるブランドです

デザイナー:助川奈保子

場所

LOURMARIN MARKET&GALLERY(中目黒) 東京都目黒区上目黒1-14-6 (中目黒駅 徒歩3分)    
03-5456-7010

● 駐車場のご用意がございません。
お車でのご来場はご遠慮いただくか、
周辺のコインパーキングをご利用ください。

● クレジットカード可。

MARINE & WALK YOKOHAMA 1st anniversary
NOMADIC CIRCUS ポップアップショップ2017
@LOURMARIN MARKET&GALLERY マリン&ウォーク ヨコハマ

★ NOMADIC CIRCUS ポップアップショップ2017は終了いたしました。
★ 当日の様子をblogにアップしました。→ 1 2 3

日時

2017年3月18日(土)− 4月17日(月)
11:00 − 20:00 ※3/31と4/17は16:00まで

前半 3/18−3/31【春のMIDORIKABANとgochisou展】
後半 4/1−4/17【TARUBITWUの手仕事+SUMIKO FURUTA ドローイング展】

出展物|団員紹介(50音順)


ビーズ刺繍アクセサリー|【前半】3/18-3/31 ai(アイ)
ビーズの語源は祈りといわれています。
太古の昔から人々の祈りや願いとともにあったビーズ。
そんなビーズを使ってアクセサリーを製作しています。
コーディネートにプラスすることで、
何でもない一日が心躍る一日に!
そんな想いを込めてひとつひとつ手作業で作ってます。


鉄 造形|【前半・後半】3/18-4/17 ancre meubles(アンクル ムーブル) フランス語で ancre=イカリ meubles=家具

穏やかな海を臨む港町のアトリエから、
鉄をメインに店舗什器やスチール家具を製作しています。

一つひとつ丁寧な手仕事で、
アンティークなどの古い物にも馴染む様な、
ジャンクでシャビーなものづくりを得意としています。
今回はやわらかで自由なイメージを
あえて無機質な鉄でつくる面白さを表現してみました。
ひとつずつ手作業で仕上げるため、同じものがありません。
お気に入りの形を探しに来てください。

お菓子|【前半】3/18-3/31 omi(オミ)
季節のもの、なるべく身近に採れたものを大切につかって
素材の味を生かすようにお菓子をつくっています。

オリジナルテキスタイル小物|【前半】3/18-3/31 gochisou(ゴチソウ)
gochisouは食をテーマにデザインする
テキスタイルブランドです。
テキスタイルという視点から食べるものを考え、
おいしいものを食べたときのように、
ひとを幸せにさせるテキスタイルを目指しています。
現在はパンをモチーフに、
さまざまなパン柄のテキスタイルを手捺染で染め、
エプロンやキッチンクロス、バッグなどに展開しています。

お菓子|【後半】4/1-4/17 gochoju(ゴチョウジュ)
おいしくてカラダにいいものたくさん食べて長生きしよう
がモットーのフードユニット。
和の食材や調理法と様々な国の食を組み合わせて
新しい‘おいしい’を提案しています。

今回は、貿易港でもある横浜港にちなんで
異国情緒のある焼き菓子をお届け予定です。
舶来品をイメージして
スパイスやハーブ、塩などを盛り込みます。
これらの焼き菓子を食べて
船旅をしている気分を味わってもらえたら幸いです。

手刺繍小物|【後半】4/1-4/17 TARUBITWU(タルビトゥ)
ファッションからインテリアプロダクツまでを
一貫したハンドメイドにこだわり、製作を行う。

選りすぐった世界のインテリアファブリックと天然石やパール、
鳥の羽や金や銀、様々な素材を組み合わせ、丁寧な手仕事と共に
独自の世界観を作り上げているブランドです。

ドローイング|【後半】4/1-4/17 SUMIKO FURUTA(フルタスミコ)
女子美術大学デザイン科卒
水彩をメインとしたドローイングを製作しています。
オーダーでの店舗、住宅への納品も承っております。

オリジナルテキスタイル小物|【後半】4/1-4/17 Helicopan(ヘリコパン)
ペイントと刺繍のオリジナルファブリックを使った布モノコモノ

かばん|【前半】3/18-3/31 MIDORI KABAN(ミドリカバン)
椅子やソファに使用する張地や綺麗な色の帆布でバッグを
作っています。

毎日洋服を選ぶようにバッグも選びたい。
ドキッとするような綺麗な色が好き。
優しい肌触りが体に馴染む。

シンプルなバッグにそんな沢山の想いを詰め
ひとつづつ作り、お届けします。

スウェーデンのセレクト小物|【前半・後半】3/18-4/17 johansen(ヨハンセン)
スウェーデン、世界遺産のエーランド島の住人から
北欧の自然なものや手しごとの品々をご紹介します。

イングマールおじさんの作るトフラ(サボサンダル)をはじめ、アニカの育てた有機ハーブソルト、ニースヤーデ村の職人さんが作った北欧ジュニパーのバターナイフなどが並びます。


場所

LOURMARIN MARKET&GALLERY(ルールマラン マーケット&ギャラリー) 神奈川県横浜市中区新港1丁目3番1号
MARINE & WALK YOKOHAMA 1階 E-114
045-264-4748

【アクセス】
・みなとみらい線
 「馬車道駅」または「日本大通り駅」より徒歩約6分
 「みなとみらい駅」より徒歩約12分
・JR・市営地下鉄
 「桜木町駅」より汽車道経由で徒歩約15分
MARINE & WALK YOKOHAMA(マリン&ウォーク ヨコハマ) 公式ホームページ

NOMADIC CIRCUS presents ノマディックサーカスの夏休み展
@LOURMARIN MARKET&GALLERY マリン&ウォーク ヨコハマ

★ ノマディックサーカスの夏休み展は終了いたしました。
★ 当日の様子をblogにアップしました。→

日時

2016年8月18日(木)満月 − 9月1日(木)新月
11:00 〜 20:00 ※最終日は14:00まで

出展物|団員紹介(50音順)


麦わら帽子| Wica grocery(ウィカグロッサリー)
新月から5日間のみ開くセレクトショップyuzuri 元店主・折原陽子が新たに スタートした暮らしまわりの手仕事を掬い集め旅するように各地へ 運ぶ移動型グロサリー。

今回は明治十三年創業の老舗「田中帽子店」特注の麦わら帽子が並びます。


お菓子| omi(オミ)
季節のもの、なるべく身近に採れたものを大切につかって
素材の味を生かすようにお菓子をつくっています。

かばん| MIDORI KABAN(ミドリカバン)
椅子やソファに使用する張地や綺麗な色の帆布でバッグを 作っています。

毎日洋服を選ぶようにバッグも選びたい。
ドキッとするような綺麗な色が好き。
優しい肌触りが体に馴染む。

シンプルなバッグにそんな沢山の想いを詰め
ひとつづつ作り、お届けします。

スウェーデンのセレクト小物| johansen(ヨハンセン)
スウェーデン、世界遺産のエーランド島の住人から
北欧の自然なものや手しごとの品々をご紹介します。

イングマールおじさんの作るトフラ(サボサンダル)をはじめ、アニカの育てた有機ハーブソルト、ニースヤーデ村の職人さんが作った北欧ジュニパーのバターナイフなどが並びます。


ガラスジュエリー| Luce macchia(ルーチェマッキア)
Luce macchia:「光の染み」を意味するイタリア語の造語。

光や風景、現象をも映し出すガラス。
ガラスを身に纏うと透過した光が染みのように肌の上に現れる。
光と影が織りなす染み。
その現象をトレースし、 コンセプチャルな発想を織り込んだデザインをLuce macchiaは提案します。

場所

LOURMARIN MARKET&GALLERY(ルールマラン マーケット&ギャラリー) 神奈川県横浜市中区新港1丁目3番1号
MARINE & WALK YOKOHAMA 1階 E-114
045-264-4748

【アクセス】
・みなとみらい線
 「馬車道駅」または「日本大通り駅」より徒歩約6分
 「みなとみらい駅」より徒歩約12分
・JR・市営地下鉄
 「桜木町駅」より汽車道経由で徒歩約15分
MARINE & WALK YOKOHAMA(マリン&ウォーク ヨコハマ) 公式ホームページ

NOMADIC CIRCUS 期間限定ポップアップショップ
@LOURMARIN MARKET&GALLERY マリン&ウォーク ヨコハマ

★ NOMADIC CIRCUS 期間限定ポップアップショップは終了いたしました。
★ 当日の様子をblogにアップしました。→
★ 3/4グランドオープンMARINE&WALK YOKOHAMAにて、ポップアップショップ決定!
 

日時

2016年3月4日(金)−31日(木)
11:00 〜 20:00 ※最終日は17:00まで

同時開催|写真展「ALL L/Right」photographs by tsukao


見えないものを撮っているのだと思う。
そこに感じる何か。人間は体全体で何かを感じる。
何かあたたかいもの。愛すべきもの。まとう空気。
土の匂い。木漏れ日と風。
美しい光。あるいは歴史。その土地の持つ力。
生物の感情。息づかい。
(写真集「ALL L/Right」より)

広告、雑誌で活躍する写真家tsukaoが、
8年間にわたり世界中から集めた
この世界をつつむ光。儚い一瞬の愛すべき世界。
それらを一冊にまとめた写真集「ALL L/Right」の中から、
大小プリント約20点を展示、販売します。
http://www.tsukao.net/

出展物|団員紹介(50音順)


ニット小物| amrta(アムリタ)
伝統的な手法を取り入れ、どこか懐かしさを感じながらも今の気分にも馴染む。 古くならないデザインが目標です。暮らす中で気持ちが「アガル」アイテムを 1つずつ手作業で制作しています。

刺繍アクセサリーブランド "COURGETTE" とのコラボレーションでは、ニットに手刺繍を施したプランターカバーを発表。


ペンダントライト| Valo(ヴァロ)
Valo(ヴァロ)はフィンランド語で 光 という意味。
グラフィックを照明にして、あたたかな光を届ける活動を 2012年よりスタート。

人の記憶に残る もの 。その人の生き方を表す もの 。
Valoの商品は、人ともの の繋がりを考え、 年月を共にする事であじわいを楽しみ、生活する心が豊かになるもの をつくり出しています。

お菓子| omi(オミ)
季節のもの、なるべく身近に採れたものを大切につかって
素材の味を生かすようにお菓子をつくっています。

手刺繍アクセサリー| COURGETTE(コジェット)
ロンドンで6年間生活した経験から、「cute&pop」をテーマに、 伝統的なモチーフを使いながらもポップな色をもちい、 ハードなモチーフを手刺繍の暖かさで中和する事で、この世界観をカタチにしています。

ニットブランド "amrta" とのコラボレーションでは、ニットに手刺繍を施したプランターカバーを発表。

マルセイユ石鹸| SAVON de MARESEILLE(サボン ド マルセイユ)
クローブ、ベイリーフ、ローズマリー、カカオパウダーなどのスパイスやハーブを 様々に組み合わせてワインやラムで煮出したりして、コールドプロセスで作った石鹸。
(医薬品ではございません)


木工| nakahara家具工房
木の家具や木の小物を製作しています。

シンプルで飽きのこない、それでいて心惹かれるようなものであってほしい。 そして日々、目にする物でもあるから、 使っていく程に愛着がわいて"やはりいいな"と思えるものがいい。

そんなふうに思ってもらえる物を作れたら、と思い日々製作しています。

アクセサリー| Fuzppa(フツッパ)
Fuzppa(フツッパ)とは、
東北のなまりで「藤葉」という意味。

様々な素材や手法を独自の感覚で組み合わせ、
個性的ながらも洗練された作品作りを心がけ、
「自分自身が作品になる」ような
楽しい感覚を持てるアクセサリーを生み出しています。

蜜蝋ろうそく| peker chise(ペケルチセ)
北海道の養蜂所の蜜蝋をつかってキャンドルを制作しています。
アイヌの人々は、家の中心に火の神を置き、
暮らしを見守る存在として大切にしてきました。
蜜蝋には、燃焼時に空気を清める働きがあります。

ペケルはアイヌの人たちの言葉で「清らか」、
チセは「家」という意味。
人々が集う家の中心に清らかな灯火を。
暮らしの場を澄んだ空気で満たしたい。そんな想いを込めました。

かばん| MIDORI KABAN(ミドリカバン)
椅子やソファの工場から出るハギレや綺麗な色の帆布を使用し、
少しだけおしゃれになれるバッグを1点づつ制作しています。

毎日洋服を選ぶようにバッグも選びたい。
ドキッとするような綺麗な色が好き。
優しい肌触りが体に馴染む。

そんなバッグへの沢山の想いをギュッと形にしました。

陶小物| minamoto(ミナモト)
多肉愛から生まれでたパワーのつぶで、 多肉植物のための器やオブジェ、アクセサリー "minamoto" を制作しています。

うちからそとへ
つぶつぶ あつまる
つぶつぶ つながる
powerのminamoto(源)になりますように・・

陶器| 安江かえで
美術短大の陶磁コースを卒業後、 鳥取で灰や土を釉薬にすることを、 笠間で食器をたくさんつくることを学び、 今は神奈川県葉山町で作陶しています。

近所でもらえる灰や土を使って、 今のどの年代のひとの食卓にも寄り添えるような、 器つくりをめざしています。

スウェーデンのセレクト小物| johansen(ヨハンセン)
スウェーデン、世界遺産のエーランド島の住人から
北欧の自然なものを中心にご紹介します。

エーランド島の有機ハーブで作ったハーブソルトをはじめ、 スウェーデン軍愛用の万能バーム、イングマールおじさんのトフラ(サボ)、ニースヤーデ村の職人さんが作った北欧ジュニパーのバターナイフなどが並びます。


場所

LOURMARIN MARKET&GALLERY(ルールマラン マーケット&ギャラリー) 神奈川県横浜市中区新港1丁目3番1号
MARINE & WALK YOKOHAMA 1階 E-114
045-264-4748

【アクセス】
・みなとみらい線
 「馬車道駅」または「日本大通り駅」より徒歩約6分
 「みなとみらい駅」より徒歩約12分
・JR・市営地下鉄
 「桜木町駅」より汽車道経由で徒歩約15分
MARINE & WALK YOKOHAMA(マリン&ウォーク ヨコハマ) 公式ホームページ

サンデーマーケット
NOMADIC CIRCUS presents 寄り道ノマド - 夏至 - by ゆずりは
@RIVER SIDE MARKET&GALLERY 中目黒

★ サンデーマーケット 寄り道ノマド - 夏至 - by ゆずりは は終了いたしました。
★ 当日の様子をblogにアップしました。→ 1 2

日時

2015年6月20日(土)− 28日(日)
営業時間 11:00 〜 20:00
※6/28(日)最終日は18:00までの営業となります。お間違えのないようご注意ください。

オープニングイベント

6/20(土)17:00〜20:00 ¥ 2000 予約不要(当日会場にて受付)

VISION GLASSで食べる、タケイ・A・サカエさんのヘルシーで美味しいスリランカカレー(1ドリンク付)※限定50食
三浦千明(コルネット)・斎藤彰子(クラリネット)・加藤ケンタ(ギター)による音楽隊もやってきます。


Bui's Box(ブイズボックス)
絵を描くように、楽器を奏でるように...
表現としてのカレーの可能性を探る
「さすらいのカレーマダム」タケイ・A・サカエ のお店です。

ワークショップ

▲ 6/23(火)11:00〜20:00(最終受付19:30)随時
 アロマリーディング®

<講師> MAISON DE KIRAKIRA(メゾン ド キラキラ)

<内容>【アロマリーディング®&ハンドトリートメント】
アロマリーディング®は8つの精油の香りを嗅ぎ分け
今の自分のココロの状態である本能・直感・潜在意識を読み解きます。
直感で今自分に必要な香りを選びココロの声を聞いてみませんか?
自分に必要なパートナーアロマをみつけたらハンドトリートメントでゆったりリラックス。
ココロとカラダにアプローチし『なりたい自分』へアロマがサポートしてくれます。

<参加費> ¥ 500 <定員> 約20名 (予約不要。直接会場にてお申し出ください)

 MAISON DE KIRAKIRA(メゾン ド キラキラ)
 中目黒駅から徒歩3分
 ひとり一人のココロとカラダをメンテナンスする
 オーダーメイドエステサロン

 ココロ・カラダの疲れに気づいてあげていますか?
 植物の香りとオールハンドトリートメントで
 あなた自身のメンテナンスを健やかにお手伝いします。

▲ 6/24(水)11:00〜13:00 / 14:30〜16:30
 ヘアバンド作りワークショップ

<講師> m+(エムプラス)

<内容>ワンピースやブラウス、こども服などのお仕立て屋さん「m+」のカナザワマイさんに
ヘアバンドの作り方を教わります。
仕上げのワンポイントにLA TRESSE(トレス)のボタン等、さらに自分だけのオリジナル作品を作りましょう。
LA TRESSE(トレス)材料別途+となります。(参考@100円〜)

<参加費> ¥ 2500〜 <定員> 4名 ("contact" ページをご覧いただき、メールにてお申し込みください)
※6/6追記 午前・午後の部ともに定員となりましたのでお申し込みを〆切らせていただきます。

m+(エムプラス)
m+ は 「m(私)+ あなた でつくる」との意。
お仕立てをもっと身近に感じてもらいたいと、
2005年、長女の出産を機にネットを中心に活動をスタート。
こんなお洋服が欲しいな・・というあなたの想いを形にするお手伝いをいたします。

陶作家 "minamoto" とのコラボレーションアクセサリー
"minamoto × m+" のお仕立てを担当。

LA TRESSE(トレス)
国内外から独自の視点でセレクトした雑貨や、ボタン、
レース、ファブリックなどの手芸材料を取り扱っています

なんとなく気になる
見ているだけでニヤリとする
何かを作ってみたくなる

そんな小物たちを集めてみました

▲ 6/26(金) ①11:00〜13:00 / ②14:30〜16:30 / ③17:30〜19:30 
多肉植物ワークショップ

<講師> 西 美奈(ゆずりは

<内容>ゆずりはオリジナル多肉植物リースワークショップ
多肉植物を使って全て自然の素材で 作る直径15〜20cm程のリースを作ります。
ローリエの枝の径を自分で好きなように丸めて、多肉を選んでいただきご自分の好みで配置します

<参加費> ¥ 3000 <定員> 5名 ("contact" ページをご覧いただき、メールにてお申し込みください)
※6/1追記 1部:受付中 2部:残3席 3部:受付中

西 美奈(ゆずりは
茨城県古河市。祖父母が営んでいたお茶とセトモノ店を
緑・器・アートのお店 "ゆずりは”に改装。
多肉植物メインに、昔の食器を生かしつつ、
作家の作品も扱っております。
ワークショップ、イベント等も定期的に開催。

営業日木〜土曜日以外は、都内各所にて
植物を使った店舗やイベント、ワークショップ
結婚式、グリーンディスプレイ等手がける

同時開催 tanpopo takano 写真展  フレーミング by meenaxydesign


tanpopo takano(タンポポタカノ)
写真家

2008年 Academy of Art University MFA修了。
帰国後、フォトグラファー青木健二氏に師事。その後独立。

静物撮影を主としコマーシャル、ファインアート共に活動中。

出展物|団員紹介(50音順)

グラス| VISION GLASS(ヴィジョングラス)
VISION GLASSはインドの理化学機器メーカーBOROSIL社が製造するグラスです。 ミニマルなデザインと直火対応OKの耐熱性。 使いながら新しい使い方に気づく余白と、 日々の暮らしで気軽に使える堅牢さを兼ね備えています。

カレンダー| camiyama emi(カミヤマ エミ)
イラストレーター

本や雑誌の挿絵等の仕事の傍ら、
日々のイラストをブログなどで配信。

国立新美術館地下のミュージアムショップSFTにて
ポストカードの販売。

ウエディングボードやお祝い等も承っております。

鉱物ジュエリー| KIKY(キキィ)
自然が生み出した 豊かな表情を持つ鉱物たち...
そのままの形を生かし ひとつひとつ手作業で
オーガニックなジュエリーにお仕立てしお届けします。
あなたの毎日に寄り添いますように...

植物古本| comet books(コメットブックス)
1日1日を生きている私たちの日常。
そんな日々の暮らしにプラス1ページを。
なんとなく幸せな毎日を導いてくれるかもしれません。
毎日をほんの少しだけ、充実させてくれる本達を選びました。

マルセイユ石鹸| SAVON de MARESEILLE(サボン ド マルセイユ)
長男の出産を期に始めた手作り石鹸。
100%植物性オイル、ナッツ、スパイス、ハチミツなど
食材や自然の産物を材料にコールドプロセス法で制作。
天然のグリセリンや余剰油脂によって洗い心地はマイルド。

合成保存料、合成界面活性剤、酸化防止剤、
合成着色料等の添加物は使用しておりません。
天然素材100%で作られた手作り石鹸はバクテリアによって
24時間ほどで水と炭酸ガスに分解されるため、
海や川をひどく汚すことはありません。
美味しそうな材料で作った家族とチキュウに優しい石鹸です。

ブローチ| 03(サン)
糸と 針と 布 から
作り出されるもの
表現できること
絵を描くように
好きな色で
自由に 気ままに
糸を 針で 布に

佃煮| のひのひ
中目黒の裏通りでひっそりと
ちいさな飲み食い処をやっています。
おいしい野菜とおいしいお酒、
たまに人の集まる企画なども。

レザークラフト| PHINT(フィント)
PHINT(フィント)=
「ヒントでピント:ヒントを得てピンと来る」

ありそうでなさそうな組み合わせを模索しつつ、
実用性を重視した物作りを目指しています。

文化服装学院卒/
グラフィックデザイナー & クラフトマン/永遠の35歳

アクセサリー| Fuzppa(フツッパ)
Fuzppa(フツッパ)とは、
東北のなまりで「藤葉」という意味。

様々な素材や手法を独自の感覚で組み合わせ、
個性的ながらも洗練された作品作りを心がけ、
「自分自身が作品になる」ような
楽しい感覚を持てるアクセサリーを生み出しています。

蜜蝋ろうそく| peker chise(ペケルチセ)
peker chise(ペケルチセ)は北海道出身の姉妹ユニット。
ペケルはアイヌの人たちの言葉で「清らか」、
チセは「家」という意味。

アイヌの人々は、家の中心に火の神を置き、
暮らしを見守る存在として大切にしてきました。
蜜蝋には、空気を清める働きがあります。

人々が集う家の中心に清らかな灯火を。
暮らしの場を澄んだ空気で満たしたい。
そんな想いを込めました。

かばん| MIDORI KABAN(ミドリカバン)
椅子やソファの工場から出るハギレや綺麗な色の帆布を使用し、
少しだけおしゃれになれるバッグを1点づつ制作しています。

毎日洋服を選ぶようにバッグも選びたい。
ドキッとするような綺麗な色が好き。
優しい肌触りが体に馴染む。

そんなバッグへの沢山の想いをギュッと形にしました。

菜食菓子| ミトラカルナ
卵・乳製品・白砂糖不使用のケーキや焼き菓子などを
ひとつひとつ手作りしています。

身体や地球に負担をかけず
不自然ではない 優しい食材を選び
昔から人とともにある
スパイスやハーブを効かせて
ちょっぴりスパイシーに!

いつの日も 特別な日も
自分自身にも 大切な誰かにも
嬉しいけれど ちょっとウキウキする

ミトラカルナのお菓子が そんなお菓子でありますように
心を込めて お作りしています。

紙設計| meenaxydesign
建築から家具、身の回りのプロダクトをデザイン制作している
設計事務所です。東京郊外の高尾山の麓、自然に囲まれた環境
の中で、生物や自然が織りなすパターンからインスピレーショ
ンを得ながら、カタチを産み出してデザインに応用しています。

ペンダントライトは、単純な六角形のセルの組み合わせからで
きていますが、全体は有機的で不定形な、人工物にはない形態
をしています。
エアープラントホルダーは、細胞や生物の縄張りの領域がつく
り出すパターンで出来ています。
すべてハンドメイド製品で、プレーンな素材感はどんな空間に
もなじみます。

人工物と生物の中間的な印象のモノたち。
あなたの暮らしの中で、息づきます。

多肉の器・アクセサリー| minamoto(ミナモト)
多肉愛から生まれでたパワーのつぶで、
多肉植物のための器やオブジェ、アクセサリー
"minamoto" を制作しています。

うちからそとへ
つぶつぶ あつまる
つぶつぶ つながる
powerのminamoto(源)になりますように・・

お仕立て屋 "m+" とのコラボレーションアクセサリー
"minamoto × m+" 陶パーツを担当。

植物・デットストック食器| ゆずりは
茨城県古河市。祖父母が営んでいたお茶とセトモノ店を
緑・器・アートのお店 "ゆずりは”に改装。
多肉植物メインに、昔の食器を生かしつつ、
作家の作品も扱っております。
ワークショップ、イベント等も定期的に開催。

営業日木〜土曜日以外は、都内各所にて
植物を使った店舗やイベント、ワークショップ
結婚式、グリーンディスプレイ等手がける

スウェーデンの有機ハーブソルト・サボ(木靴)他| johansen(ヨハンセン)
スウェーデン、世界遺産のエーランド島の住人から
北欧の自然なものを中心にご紹介します。

エーランド島の有機ハーブで作ったハーブソルトをはじめ、
スウェーデン産サボ(木靴)、 エーランド島出身のアーティスト・ハンス・ヨーゲン・ヨハンセン(2013年スウェーデン・ベストアーティスト賞受賞)のポストカード作品などが並びます。

場所

RIVER SIDE MARKET & GALLERY 東京都目黒区上目黒1-14-6 (中目黒駅 徒歩3分)    
03-5456-7010

● 駐車場のご用意がございません。
お車でのご来場はご遠慮いただくか、
周辺のコインパーキングをご利用ください。

● クレジットカード可。

サンデーマーケット
NOMADIC CIRCUS presents 寄り道ノマド - 実りの秋 - supported by ニコツキ
@RIVER SIDE MARKET&GALLERY 中目黒

★ サンデーマーケット 寄り道ノマド - 実りの秋 - は終了いたしました。
★ 当日の様子をblogにアップしました。→

日時

2014年9月20日(土)−21日(日)
9/20(土) 11:00 〜 20:00
9/21(日) 11:00 〜 18:00 ※最終日は18:00までの営業です。お間違えのないようご注意ください。

同時開催 白野真琴 展


白野 真琴
画家
1999 東京造形大学卒業、
2009 NO.12 GALLERYでの二人展、
2011 Lamp harajuku イメージビジュアル提供、
gallery&workshopはちどり での個展、他 
カフェでの展示等で作品を発表。

出展物|団員紹介(50音順)

お菓子| omi(オミ)
季節のもの、なるべく身近に採れたものを大切につかって
素材の味を生かすようにお菓子をつくっています。

鉱物ジュエリー| KIKY(キキー)
長い歳月を経て自然が生み出した、
豊かな表情を持つ鉱物たち…。
愛おしい石たちがさらに魅力を増すよう、
ひとつひとつ手作業で、
オーガニックなフォルムにお仕立てしてお届けします。
あなたらしい本来の美しさと共鳴し、
あなたの毎日にそっと寄り添いますように。

アンティークジュエリー・雑貨| golightly(ゴーライトリー) 『golightly』はイギリスのアンティ―クマーケットからセレクトした ヴィンテージのコスチュームジュエリーや雑貨等を取り扱ったオンラインショップです。

"古いもの"には新しいものにはない
細工、デザインや色彩が多くあります。
それらに、想像力をかきたてられ、
心ときめく出会いとなりました。
よいものとは、国境や世代を超え、受け継がれ、
どんな場所でも残るものだと考えます。
数少ない、時を経ても「美しいもの」を紹介いたします。

今回はpeker chiseに別注した蜜蝋キャンドルの入った『アンティークTea cup』も並びます。
是非、お手に取ってご覧下さい。


木小物| サノ アイ
東京八王子の家具工房LEBENで
無垢の木を使ったオーダーメイドの家具作りにも携わりつつ、
使って嬉しい「ちょっとかわいいもの」を心掛けて
木の器や小物を作っています。
ぜひお手にとってご覧ください。


ジャム・革小物| J’aime…(ジェム)
J’aime… は作者、ゴンザレス・マリーの「私のすきなもの」
をテーマに様々な物を制作、ご紹介しています。
今回はジャムと革小物。

余計なものを使わずに
旬の果物とお砂糖だけを煮詰めた手作りジャム。
果肉もゴロゴロたっぷり入れて、
美味しさのギュッと詰まった優しい味わいに仕上がりました。


木小物| nakahara家具工房
木の家具や木の小物を製作しています。

シンプルで飽きのこない、
それでいて心惹かれるようなものであってほしい。
そして日々、目にする物でもあるから、
使っていく程に愛着がわいて
"やはりいいな"と思えるものがいい。

そんなふうに思ってもらえる物を作れたら、
と思い日々製作しています。



布小物| 西脇陽子
鍋つかみ、ポットマット、コースター、布巾など
台所や食卓で使うものを中心に製作しています。


アクセサリー・プランツホルダー| Fuzppa(フツッパ)
Fuzppa(フツッパ)とは、
東北のなまりで「藤葉」という意味。

様々な素材や手法を独自の感覚で組み合わせ、
個性的ながらも洗練された作品作りを心がけ、
「自分自身が作品になる」ような
楽しい感覚を持てるアクセサリーを生み出しています。

蜜蝋ろうそく| peker chise(ペケルチセ)
peker chise(ペケルチセ)は北海道出身の姉妹ユニット。
ペケルはアイヌの人たちの言葉で「清らか」、
チセは「家」という意味。

アイヌの人々は、家の中心に火の神を置き、
暮らしを見守る存在として大切にしてきました。
蜜蝋には、空気を清める働きがあります。

人々が集う家の中心に清らかな灯火を。
暮らしの場を澄んだ空気で満たしたい。
そんな想いを込めました。

陶器| 牧島亜由美(ニコツキ 毎日の食事がちょっと楽しくなるうつわを
クスッと笑えるデザインを
ピリッと効いたスパイスを

そんな想いで作っています

上野と浅草のど真ん中、かっぱ橋商店街のほど近く、
古い民家をリノベーションした、
自宅ギャラリー "ニコツキ "の店主。

かばん| MIDORI KABAN(ミドリカバン)
椅子やソファの工場から出るハギレや綺麗な色の帆布を使用し、
少しだけおしゃれになれるバッグを1点づつ制作しています。

毎日洋服を選ぶようにバッグも選びたい。
ドキッとするような綺麗な色が好き。
優しい肌触りが体に馴染む。

そんなバッグへの沢山の想いをギュッと形にしました。


植物・陶小物| 西美奈(ゆずりは 祖父母が営んでいたセトモノ店を改装した、
緑・器・アートのお店 "yuzuriha" 店主。

植物を使った店舗やイベント、
結婚式のグリーンディスプレイを手がけ、
今回は『Fuzppa』新作の鉢カバー用に植物を担当。

その傍ら、多肉植物のための器やオブジェ、アクセサリーなど
パワーの"minamoto" を制作しています。

スウェーデンのハーブソルトとリップバーム他| johansen(ヨハンセン)
スウェーデン、世界遺産のエーランド島の住人から
北欧の自然なものを中心にご紹介します。

エーランド島出身ハンス・ヨーゲン・ヨハンセン(2013年スウェーデン・ベストアーティスト賞受賞)のポストカード作品をはじめ、 寒さを知り尽くしたスウェーデン軍隊のレシピで作られる 万能リップバーム「HUDSALVA」や、エーランド島の有機ハーブで作ったアニカのハーブソルトが並びます。

場所

RIVER SIDE MARKET & GALLERY 東京都目黒区上目黒1-14-6 (中目黒駅 徒歩3分)    
03-5456-7010

● 駐車場のご用意がございません。
お車でのご来場はご遠慮いただくか、
周辺のコインパーキングをご利用ください。

● クレジットカード可。

サンデーマーケット
NOMADIC CIRCUS presents 寄り道ノマド - 春分 - @RIVER SIDE MARKET&GALLERY 中目黒

★ サンデーマーケット 寄り道ノマド - 春分 - は終了いたしました。
★ 当日の様子をblogにアップしました。→

★ 2014年3月21日(祝)−22日(土)の2日間、
 RIVER SIDE MARKET&GALLERYのサンデーマーケットに、NOMADIC CIRCUS presents 寄り道ノマドが再登場!

日時

2014年3月21日(祝)−22日(土)
1日目  11:00 〜 20:00
2日目  11:00 〜 18:00 ※最終日は18:00までの営業です。お間違えのないようご注意ください。

出展物|団員紹介(50音順)


ニット小物
amrta × COURGETTEプランターカバー|
amrta(アムリタ)
伝統的な手法を取り入れ、
どこか懐かしさを感じながらも今の気分にも馴染む。
古くならないデザインが目標です。
暮らす中で気持ちが「アガル」アイテムを
1つずつ手作業で制作しています。

刺繍アクセサリーブランド "COURGETTE" とのコラボレーションでは、ニットに手刺繍を施したプランターカバーを発表。



オリジナルヘアバンド
minamoto × m+アクセサリー|
m+(エムプラス)
m+ は 「m(私)+ あなた でつくる」との意。
お仕立てをもっと身近に感じてもらいたいと、
2005年、長女の出産を機にネットを中心に活動をスタート。
こんなお洋服が欲しいな・・というあなたの想いを形にするお手伝いをいたします。

陶作家 "minamoto" とのコラボレーションアクセサリー
"minamoto × m+" のお仕立てを担当。

お菓子| omi(オミ)
季節のもの、なるべく身近に採れたものを大切につかって
素材の味を生かすようにお菓子をつくっています。

手刺繍アクセサリー
amrta × COURGETTEプランターカバー|
COURGETTE(コジェット)
ロンドンで6年間生活した経験から、
「cute&pop」をテーマに、
伝統的なモチーフを使いながらもポップな色をもちい、
ハードなモチーフを手刺繍の暖かさで中和する事で
この世界観をカタチにしています。

ニットブランド "amrta" とのコラボレーションでは、ニットに手刺繍を施したプランターカバーを発表。


磁器| 櫻木綾子
磁土を素材に制作しています。

主に水や雪、森、海、自然の形の一部をモチーフに
暮らしの中の空間に何かの動きを感じられるものを
作ることができたらと思っています。

白は、つめたくも、あたたかくもあります。
使う場所によって自在に変化するのも魅力です。

ファッション小物| TARUBITWU(タルビトゥ)
ファッションからインテリアプロダクツまでを
一貫したハンドメイドにこだわり、製作を行う。

選りすぐった世界のインテリアファブリックと天然石やパール、
鳥の羽や金や銀、様々な素材を組み合わせ、 丁寧な手仕事と共に、独自の世界観を作り上げているブランドです。


木小物| nakahara家具工房
木の家具や木の小物を製作しています。

シンプルで飽きのこない、
それでいて心惹かれるようなものであってほしい。
そして日々、目にする物でもあるから、
使っていく程に愛着がわいて
"やはりいいな"と思えるものがいい。

そんなふうに思ってもらえる物を作れたら、
と思い日々製作しています。


オーガニックコットン手編み靴下| niwa(ニワ)

"庭を花で彩るように生活に彩りを"をコンセプトにしています。
knitを中心に2011年11月より活動してます。


蜜蝋ろうそく| peker chise(ペケルチセ)
peker chise(ペケルチセ)は北海道出身の姉妹ユニット。
ペケルはアイヌの人たちの言葉で「清らか」、
チセは「家」という意味。

アイヌの人々は、家の中心に火の神を置き、
暮らしを見守る存在として大切にしてきました。
蜜蝋には、空気を清める働きがあります。

人々が集う家の中心に清らかな灯火を。
暮らしの場を澄んだ空気で満たしたい。
そんな想いを込めました。

かばん| MIDORI KABAN(ミドリカバン)
椅子やソファの工場から出るハギレや綺麗な色の帆布を使用し、
少しだけおしゃれになれるバッグを1点づつ制作しています。

毎日洋服を選ぶようにバッグも選びたい。
ドキッとするような綺麗な色が好き。
優しい肌触りが体に馴染む。

そんなバッグへの沢山の想いをギュッと形にしました。


緑・陶
minamoto × m+アクセサリー|
minamoto(ミナモト) 祖父母が営んでいたセトモノ店を改装した、
緑・器・アートのお店 "yuzuriha" 店主。
その傍ら、ふつふつminaから生まれでたつぶで、
多肉植物のための器やオブジェ、アクセサリー
"minamoto" を制作しています。

うちからそとへ
つぶつぶ あつまる
つぶつぶ つながる
powerのminamoto(源)になりますように・・

お仕立て屋 "m+" とのコラボレーションアクセサリー
"minamoto × m+" 陶パーツを担当。

スウェーデンのハーブソルトとリップバーム| johansen(ヨハンセン)
北欧の自然なものを中心に、
世界各地の素敵なものをご紹介します。

今回はスウェーデン、世界遺産のエーランド島の住人から。
・有機ハーブを使ったアニカのハーブソルト
・スウェーデン軍隊のレシピで作られるリップバーム
・2012年にスウェーデンで最も素晴らしいアーティストに選ばれたホーイ(HJ)のポストカード


ガラスジュエリー| Luce macchia(ルーチェマッキア)
「光の染み」と言う意味のLuce macchiaは、
ガラスをベースに光を身に纏うことができ、
コンセプチュアルなジュエリー、アクセサリーを提案、
展開する。

場所

RIVER SIDE MARKET & GALLERY 東京都目黒区上目黒1-14-6 (中目黒駅 徒歩3分)    
03-5456-7010

● 駐車場のご用意がございません。
お車でのご来場はご遠慮いただくか、
周辺のコインパーキングをご利用ください。

● クレジットカード可。

サンデーマーケット
NOMADIC CIRCUS presents 寄り道ノマド - 秋分 - @RIVER SIDE MARKET&GALLERY 中目黒

★ サンデーマーケット 寄り道ノマド- 秋分 - は終了いたしました。
★ 当日の様子をblogにアップしました。→

★ 2013年9月22日(日)−23日(祝)の2日間、
 RIVER SIDE MARKET&GALLERYのサンデーマーケットに、NOMADIC CIRCUS presents 寄り道ノマドが登場します!

日時

2013年9月22日(日)−23日(祝)
1日目  11:00 〜 20:00
2日目  11:00 〜 18:00 ※最終日は18:00までの営業です。お間違えのないようご注意ください。

出展物|団員紹介

磁もの(器)| 榎本悦子 焼き物が持つ線や面に魅力を感じ、
それを包む空気感を意識しながら
主にオブジェを制作しています。

<光の為の器>をテーマに
和紙の繊維と石膏型から生まれる磁器の作品を手に取って、
光を感じて頂けたらと思います。

陶もの(器)| 安江かえで
美術短大の陶磁コースを卒業後、
鳥取で灰や土を釉薬にすることを、
笠間で食器をたくさんつくることを学び、
今は神奈川県葉山町で作陶しています。

近所でもらえる灰や土を使って、
今のどの年代のひとの食卓にも寄り添えるような、
器つくりをめざしています。

食もの(お菓子)| omi
季節のもの なるべく身近に採れたものを大切につかって
素材の味を生かすようにお菓子をつくっています。

飾もの(蜜蝋ろうそく)| peker chise
peker chise(ペケルチセ)は北海道出身の姉妹ユニット。
ペケルはアイヌ語で「清らか」、チセは「家」という意味。

アイヌの人々は、家の中心に火の神を置き、
暮らしを見守る存在として大切にしてきました。
蜜蝋には、空気を清める働きがあります。

人々が集う家の中心に清らかな灯火を。
暮らしの場を澄んだ空気で満たしたい。
そんな想いを込めました。

布もの(布小物)| mi fois 2 million(ミ フォア ドゥ ミリオン)
女性2人によるテキスタイルデザインユニット
mi fois 2 million(ミ フォア ドゥ ミリオン) です。
仏語による造語で、mi(ミ)は中心を意味する単語で、
私たち2人の中から生まれるものを意味しています。
fois 2(フォア ドゥ)は掛け算の読み方でx(掛ける)2
『手にして下さった全ての人にたくさん(million)の喜びと拡がりを』
そんなモノづくりへの願いを込めて名付けました。
プリント、縫製すべてオリジナルで手作りをしています。
現在はバッグやファブリックパネルの受注生産を行っており、
展示会ではオリジナルプリントの布小物を販売しています。

袋もの(かばん)| MIDORI KABAN
椅子やソファの工場から出るハギレや綺麗な色の帆布を使用し、
少しだけおしゃれになれるバッグを1点づつ制作しています。

毎日洋服を選ぶようにバッグも選びたい。
ドキッとするような綺麗な色が好き。
優しい肌触りが体に馴染む。

そんなバッグへの沢山の想いをギュッと形にしました。

美もの(インテリアアート 刺繍ドローイング)| 兼子真一(彫刻家)
兼子真一が彫刻を生み出す為に描いたドローイングをベースに、
お針子さんが刺繍を施した「刺繍ドローイング」です。

イメージを直感的に描いたドローイングは、
力みのない、生きた線によって描かれています。
刺繍での表現も機械的にならず、
ドローイングの線を忠実に再現することにこだわったアートワークです。

場所

RIVER SIDE MARKET & GALLERY 東京都目黒区上目黒1-14-6 (中目黒駅 徒歩3分)    
03-5456-7010

● 駐車場のご用意がございません。
お車でのご来場はご遠慮いただくか、
周辺のコインパーキングをご利用ください。

● クレジットカード可。

NOMADIC CIRCUS vol.3 − 図形 − @Taneru 自由が丘

★ NOMADIC CIRCUS vol.3は終了いたしました。
★ 当日の様子をblogにアップしました。→ 1 2 3

日時

2013年4月20日(土) open 12:00 〜 close 19:00

ワークショップ

14:00 〜 15:00 
素ことばワークショップ −おとなの「素ことば」句会−
<講師>
星素子(言葉アーティスト

<内容>
かたちの詩「素ことば」で、自分とむきあう、あらわす。
当日出される「お題」から、ご自身の「素ことば」をつくります。

「素ことば」は、四つの漢字とひとつの型をもちいて
想像をひきだす詩のかたち。自由に感じることばのアート。
そこには、決められた見方はありません。
対面するひとの経験や思い出、感受性などで、
多様なイメージを生む、決めつけない言葉の有り様。
どうぞ一人ひとりの想像する心で、そこにある漢字を、感じて。

…この春の、頭と心のリフレッシュメントに、いかがですか?

<参加費/定員>
¥3000/定員 4名 
素ことば「活版印刷」作品カード/お飲物・お菓子付き

※ワークショップへのご参加は事前申し込みとさせていただいております。
詳細は本サイトの "contact" ページをご覧いただき、メールにてお申し込みください。
追って、詳細をご連絡させていただきます。(対象:年齢性別不問)

尚、定員になり次第、募集を締め切らせていただきますのでご了承ください。

演目|団員紹介(50音順)

Atelier ce et ceのネクタイ| Atelier ce et ce(アトリエ セッセ) ce et ce=ひとつの事を一生懸命行うという日本語の
『せっせ』からつけました。
2011年より福岡県北九州市小倉魚町に店舗を構え、洋服、小物のデザイン・制作などの創作活動を開始。

Atelier ce et ceのネクタイは、パッチワークで出来ています。
男性が身につける手軽でおしゃれなアイテムとしてご提案します。 Atelier ce et ceのネクタイを選び、身につける時、
自身の魅力が満ち溢れる瞬間に出逢って頂けたら幸いです。

パッチワークという手法は、様々な布地を繋ぎ合わせる事で世界に一枚しかない布になります。 その面白さに魅了され表現してきました。 様々な生地すなわち色を身につける事によって人は、 幸福感、喜び、期待などの感情が湧き上がっていきます。それはいのちの輝きが満ちていく事なのだと思うのです。

マルセイユ石鹸| うえだちづる(サボン ド マルセイユ) 4歳になる長男の出産を期に始めた手作り石鹸。
100%植物性オイル、ナッツ、スパイス、ハチミツなど
食材や自然の産物を材料にコールドプロセス法で制作。
天然のグリセリンや余剰油脂によって洗い心地はマイルド。

合成保存料、合成界面活性剤、酸化防止剤、
合成着色料等の添加物は使用しておりません。
天然素材100%で作られた手作り石鹸はバクテリアによって
24時間ほどで水と炭酸ガスに分解されるため、
海や川をひどく汚すことはありません。
美味しそうな材料で作った家族とチキュウに優しい石鹸です。
※手作り石鹸は薬事法上は医薬品、医薬部外品、化粧品ではありません。

花活け| 大澤英美(La Note Muette/フラワースタイリスト) 幼少の頃より草花に興味をもち、池坊で生け花を始める。
その後 副島三煌氏のもとでフラワーデザインを学び、
ショップ勤務ののち27歳でフランスへ。

パリでは "Vertumne" "Flamant home interiors" に勤務。
有名ブティックやホテルの店内装飾、オルセー美術館でのレセプションをはじめ、 数々のイベント会場の装飾、シャトーでのブライダルなど多くの経験を積み、6年半の滞在を経て帰国。

現在はフリーのフラワースタイリストとしてブライダルやレセプションの装飾などを行うともに、
インテリアショップTIME&STYLEなどでインテリア空間への花のあり方を提案している。

ビーズジュエリー・コズミックナンバー| 大嶋櫻子(Sakuraco∞Labcosmic number
数・正八面体・かすみ草・宇宙・440色のビーズ・櫻色・光と影

鎌倉・長谷のあるアトリエSakuraco∞Labは、
そんなエッセンスが発酵する空間。

ある時はコズミック・ナンバーとして"数"の言葉を紡ぎ、
ある時はビーズジュエリーとして"図形"を描き、
宇宙の法則を日常で使えるカタチに仕立てて、
ピリッと効くようなスパイスを生み出しています。

おとな服・こども服 受注会| 金沢舞(m+

m+(エムプラス)は 「m(私)+ あなた でつくる」との意。

お仕立てをもっと身近に感じてもらいたいと、
2005年、長女の出産を機にネットを中心に活動をスタート。

こんなお洋服が欲しいな・・というあなたの想いを形にするお手伝いをいたします。

ライティング新作販売会| 蒲原伸枝(Valo
Valo(ヴァロ)はフィンランド語で 光 という意味。
グラフィックを照明にして、あたたかな光を届ける活動を
2012年よりスタート。

人の記憶に残る もの 。その人の生き方を表す もの 。
Valoの商品は、人ともの の繋がりを考え、
年月を共にする事であじわいを楽しみ、生活する心が豊かになる
もの をつくり出しています。

焼菓子| 佐直真紀子(anduuum- LIFE around food -
"日本の暦に沿った、おいしいとたのしいをつくる"をコンセプトに、 料理だけではなく空間までトータルに演出。
お客様にイベントのテーマや背景をじっくり伺い、
ワクワクする色彩の、旬の食材を使った
「五感で感じられる」フードデザインをご提案致します。
ホームパーティやウェディングパーティ、
企業が開催するパーティなど、幅広いメニューを扱っています。

2013年 春、岡山へ移転し、
瀬戸内の食材を使った、あらたなフードサービスを準備中。

コラージュの小箱| 手島まゆ子(cocoon)
小さな小箱にひとつひとつ丁寧にコラージュしました。
コラージュとは紙を貼り合わせて画面を構成する技法。
外国のアンティークの紙や切手、新聞や包装紙など
様々な紙を使っています。
すべて一点物。
あなたの大切なものをそっとしまって頂けたら嬉しいです。
大切な方へのプレゼントBOXにも是非お使い下さい。

レザークラフト| NISHI JUNICHIRAW
文化服装学院卒/フリーのグラフィックデザイナー
本業のかたわら、2010年頃から密かにスタート。
ギフトショー他展示会等に時々出品しています。

プレーン過ぎず、ワイルド過ぎず、
ほどよくポップでちょうどいいデザインをテーマに、
主に国産ヌメ革を材料にし、
ありそうでなさそうな組み合わせを模索しつつ、
実用性を重視した物作りを目指しています。

緑・陶・アクセサリー| 西美奈(yuzuriha店主/minamoto作家) 祖父母が営んでいたセトモノ店を改装した、
緑・器・アートのお店 "yuzuriha" 店主。
その傍ら、ふつふつminaから生まれでたつぶで、
多肉植物のための器やオブジェ、アクセサリー
"minamoto" を制作しています。

うちからそとへ
つぶつぶ あつまる
つぶつぶ つながる
powerのminamoto(源)になりますように・・

お仕立て屋 "m+" とのコラボレーションアクセサリー
陶パーツを担当。

コットンピアス・イヤリング(ちょうちょ&パンジー)| Fuzppa
Fuzppa(フツッパ)とは、東北のなまりで「藤葉」という意味。

様々な素材や手法を独自の感覚で組み合わせ、
個性的ながらも洗練された作品作りを心がけ、
「自分自身が作品になる」ような
楽しい感覚を持てるアクセサリーを生み出しています。

季節の蜜蝋キャンドル| peker chise
peker chise(ペケルチセ)は北海道出身の姉妹ユニット。
ペケルはアイヌ語で「清らか」、チセは「家」という意味。

アイヌの人々は、家の中心に火の神を置き、
暮らしを見守る存在として大切にしてきました。
蜜蝋には、空気を清める働きがあります。

人々が集う家の中心に清らかな灯火を。
暮らしの場を澄んだ空気で満たしたい。
そんな想いを込めました。

活版印刷カード作品販売・オーダー「素ことば」受注会| 星素子(言葉アート「素ことば」 長く言葉(コピーライター)や表現の仕事に真摯にむきあう日々のなか、 もっと自由に言葉をたのしんでいただけたらという想いから、言葉アート「素ことば」(4字詩)を開発、制作。
探求と開拓をつづけ、国内外の現代アート展覧会への出品やワークショップ活動等を行う。

今回、ワークショップの他に、
素ことば「活版印刷」作品シリーズを展示販売。
そこにあるのは、白い紙に簡素に佇むあたたかな活字の趣。
漢字が永遠に巡る新しい「詩」のかたち。
タテ、ヨコ、ナナメ・・過去、現在、未来。
あなたの記憶のなかで、そっと生まれるものがたり。
作家がお客さまと対面してオリジナル「素ことば」をおつくりするオーダー「 素ことば」も承ります。

陶器| 松塚裕子
積み重なる時間や、日々目に映る小さな風景を
うつしとるように、器づくりをしています。
流れゆく時間の中で、長く大事に使ってゆきたいと
思ってもらえるものを作りたいと願っています。

かばん| MIDORI KABAN
椅子やソファの工場から出るハギレを中心に使用し、
少しだけおしゃれになれるバッグを1点づつ制作しています。

毎日洋服を選ぶようにバッグも選びたい。
ドキッとするような綺麗な色が好き。
優しい肌触りが体に馴染む。

そんなバッグへの沢山の想いをギュッと形にしました。

ペンダントライト+エアープラントホルダー| meenaxydesign 建築から家具、身の回りのプロダクトをデザイン制作している
設計事務所です。東京郊外の高尾山の麓、自然に囲まれた環境
の中で、生物や自然が織りなすパターンからインスピレーショ
ンを得ながら、カタチを産み出してデザインに応用しています。

ペンダントライトは、単純な六角形のセルの組み合わせからで
きていますが、全体は有機的で不定形な、人工物にはない形態
をしています。
エアープラントホルダーは、細胞や生物の縄張りの領域がつく
り出すパターンで出来ています。
すべてハンドメイド製品で、プレーンな素材感はどんな空間に
もなじみます。

人工物と生物の中間的な印象のモノたち。あなたの暮らしの中
で、息づきます。

ジュエリー| モンシロ

日本人ならではの美を手本に、植物やアンティークパーツを使用したボタにカルな世界を提案している。



陶器| 安江かえで
美術短大の陶磁コースを卒業後、
鳥取で灰や土を釉薬にすることを、
笠間で食器をたくさんつくることを学び、
今は神奈川県葉山町で作陶しています。

近所でもらえる灰や土を使って、
今のどの年代のひとの食卓にも寄り添えるような、
器つくりをめざしています。

協力

花のポストカード| 谷匡子(atelier doux.ce/フラワースタイリスト)
東北関東大震災 後方支援 チャリティ品 収益のすべてを東北関東大震災の後方支援金として「あしなが育英会」へ寄付させていただきます。

宇和海パール
宇和海パールを使用した作品をご紹介します。

場所

Taneru 東京都目黒区緑ヶ丘2-12-9(自由が丘駅 徒歩8分)

<アクセス> 
東横線・大井町線 自由が丘駅 徒8分
駅正面口を出て自由が丘デパート沿いの道を直進。
信号1つ目のメガネストアーを右折。
緑小通りを直進200メートル進んだ左側。

● 駐車場のご用意がございません。
お車でのご来場はご遠慮いただくか、
周辺のコインパーキングをご利用ください。

● 一日限りのイベントにつき、
クレジットカードはご利用いただけません。


NOMADIC CIRCUS vol.2 −すうじ− @Gallery Size 自由が丘

★ NOMADIC CIRCUS vol.2は終了いたしました。
★ 当日の様子をblogにアップしました。→ 1 2 3
★ 2012/8/11 売上の3%を東日本大震災後方支援として「あしなが育英会」へ寄付しました。

日時

2012年7月7日(土) open 11:30 〜 close 18:00

ワークショップ

13:00 〜 15:00 
すうじのワークショップ 「コズミック・ナンバー ~すうじの森のお茶会~」
<講師>
大嶋櫻子 × 佐直真紀子(Sakuraco∞Labcosmic number × anduuum

<内容>
宇宙のカケラとしてこの地球に降り立った日、すなわち私たちの誕生日には、
自分の成り立ちを知る“すうじと色のヒント”がたくさん隠されています。
それらを〈コズミック・ナンバー〉という数秘術を使って、ゲームのように解き明かし、
導き出された情報のカケラたちを採集していきます。

ペタペタ、ポンポン、手を動かしながら、自分だけのコラージュシートが出来上がる頃、
あなたの前にはごほうびの一皿「I am」が届けられます。
それは隣の人とも違う、あなただけの“食べられる”すうじの一皿。

コラージュが完成した時に、その意味もきっと分かるはず・・・。
すうじと色のエッセンスをまるごと頂く、“すうじの森のお茶会”へぜひ迷い込んでみて下さい。

−MENU−
・前菜 コズミック・ナンバーの説明
・メイン すうじの森でのコラージュワーク
・デザート すうじの一皿「I am」
・お茶
・お土産 すうじの小冊子

<参加費/定員>
¥6500(ノマド特別価格/すうじの小冊子・お茶付)/定員 12名 

※ワークショップへのご参加は事前申し込みとさせていただいております。
詳細は本サイトの "contact" ページをご覧いただき、メールにてお申し込みください。
追って、詳細をご連絡させていただきます。

演目|団員紹介(50音順)

マルセイユ石鹸| うえだちづる(サボン ド マルセイユ) 4歳になる長男の出産を期に始めた手作り石鹸。
100%植物性オイル、ナッツ、スパイス、ハチミツなど
食材や自然の産物を材料にコールドプロセス法で制作。
天然のグリセリンや余剰油脂によって洗い心地はマイルド。

合成保存料、合成界面活性剤、酸化防止剤、
合成着色料等の添加物は使用しておりません。
天然素材100%で作られた手作り石鹸はバクテリアによって
24時間ほどで水と炭酸ガスに分解されるため、
海や川をひどく汚すことはありません。
美味しそうな材料で作った家族とチキュウに優しい石鹸です。
※手作り石鹸は薬事法上は医薬品、医薬部外品、化粧品ではありません。

草花とフラワーベース| 大澤英美(La Note Muette/フラワースタイリスト)
幼少の頃より草花に興味をもち、池坊で生け花を始める。
その後 副島三煌氏のもとでフラワーデザインを学び、
ショップ勤務ののち27歳でフランスへ。

パリでは "Vertumne" "Flamant home interiors" に勤務。
有名ブティックやホテルの店内装飾、オルセー美術館でのレセプションをはじめ、 数々のイベント会場の装飾、シャトーでのブライダルなど多くの経験を積み、6年半の滞在を経て帰国。

現在はフリーのフラワースタイリストとしてブライダルやレセプションの装飾などを行うともに、
インテリアショップTIME&STYLEなどでインテリア空間への花のあり方を提案している。

ビーズジュエリー・コズミックナンバーBOOK・小さいバッグ| 大嶋櫻子(Sakuraco∞Labcosmic number 鎌倉・長谷にある"数字と色とかたち" のアトリエSakuraco∞Lab。
ここでは、砂糖のカケラのような小さなビーズがいろんな幾何学模様に変化して、 SAKURACOジュエリーが編み上げられています。そんなビーズワークの過程から、オリジナルの数秘術「コズミック・ナンバー」は産声を上げました。

数字の世界はとってもアーティスティックで、いろんな言葉を発しています。
私たちの誕生日にも隠されている "数字のひみつ" を日常で使える"かたち"に仕立てて、 日常にピリッと効くようなスパイスを生み出しています。

おとな服・こども服 受注会| 金沢舞(m+

m+(エムプラス)は 「m(私)+ あなた でつくる」との意。

お仕立てをもっと身近に感じてもらいたいと、
2005年、長女の出産を機にネットを中心に活動をスタート。

こんなお洋服が欲しいな・・というあなたの想いを形にするお手伝いをいたします。

グラフィック&ライティング新作お披露目・受注会| 蒲原伸枝(Valo
Valo(ヴァロ)はフィンランド語で 光 という意味。
グラフィックを照明にして、あたたかな光を届ける活動を
2012年よりスタート。

人の記憶に残る もの 。その人の生き方を表す もの 。
Valoの商品は、人ともの の繋がりを考え、
年月を共にする事であじわいを楽しみ、生活する心が豊かになる
もの をつくり出しています。

たなばたカフェ| 佐直真紀子(anduuum 或る日の、いつかの週末の、特別な1日の、 だれかのおうち、公園、ピクニック、山登り、海辺、パーティー・・

食べものを広げたその場所に、ふわっとおいしい時間が流れるよう、 季節の野菜や果物を使って、「嬉しい」が広がる空間作りを行っています。

個人・会社・イベント等への、ランチ&お夜食まかないごはんや、Party foodのケータリング、 メニュー開発等も承り中。
時々「ごはん会」も開いています。

陶器アクセサリー&オーナメント・絵画・革小物| 西美奈(yuzuriha店主/minamoto作家) 祖父母が営んでいたセトモノ店を改装した緑・器・アートのお店 "yuzuriha" 店主。
minaからふつふつ生まれでたつぶ達、多肉の鉢やオブジェ、アクセサリー "minamoto" を制作。お仕立て屋 "m+" とのコラボレーションアクセサリー陶器を担当。

生まれでてくるものの底知れぬパワー。人も心も自然も存在するものすべて。人から自然から学ぶものすべて。その力を忘れず生きていくminamoto(源)となるようなものを生み出しています。

陶器アクセサリー、陶器を作る前表現していた絵画、yuzuriha取扱い革小物、 minamoto × m+数字オーナメントをご紹介します。

Les Rendez-vous de Tokyo

オリジナルCD001/002・オリジナルデザインTシャツ| Les Rendez-vous de Tokyo "Smiles are contagious"
笑顔を街へ、笑顔を世界へ
出会いこそすべて

パトリスジュリアン氏のもとで働いていた
鶴岡喬之シェフと猪飼綾乃ソムリエールによる西麻布にある
南仏料理レストラン”Les Rendez-vous de Tokyo”

2012年6月6日、3周年を記念して発売したばかりのオリジナルCDとTシャツをご紹介します。

かばん・クッション| MIDORI KABAN
椅子やソファの工場から出るハギレを中心に使用し、
少しだけおしゃれになれるバッグを1点づつ制作しています。

毎日洋服を選ぶようにバッグも選びたい。
ドキッとするような綺麗な色が好き。
優しい肌触りが体に馴染む。

そんなバッグへの沢山の想いをギュッと形にしました。

季節の蜜蝋キャンドル| peker chise 北海道生まれの姉妹ユニット・peker chise(ペケルチセ)。
アイヌ語で、ペケルは「清らか」、チセは「家」という意味。
アイヌの人々は、チセ(家)の中心にアペフチカムイ(火の神)を置き、日々の暮らしを見守るものとして生活をともにしてきました。

神秘の昆虫・ミツバチが家をつくるために分泌する蜜蝋は、
燃焼時にマイナスイオンを発生して空気を清める働きをし、
古くから神聖な場で多く使われていたとされています。

peker chiseは、蜜蝋をベースに精油をブレンドし、
自然が織りなす数字の姿を表現したアロマキャンドルです。

RUE5セレクト小物| RUE5
羽根木の森でスタートした小さな隠れ家サロン。

看板犬KENTくんが愛用するセンス溢れる犬服・犬小物は
愛犬家の間でいつも注目の的。

オーナーの審美眼によって集められた
美しい生活雑貨やオリジナル小物・犬小物をご紹介します。

ヘアアクセサリーとアイシングクッキー| Rym 柴山麻衣子・石井里佳・諏訪由香の異業種3人によって作り出されるRymのヘッドドレスは、他にはないゴージャス感、too much な作品が特徴的。

2008年よりパーティーやウェディングのヘッドドレスを中心に、すべてハンドメイドの一点もののアクセサリーなどを制作。

2010年、完全オーダーメイドのウェディングラインをスタート。

紋白ノヤ −万葉の12ヶ月−ジュエリー| Taneru 多くの植物が観賞以外にも用途を持ち、食用や薬、または魔除けやお守りとして日本人の生活に根付き、癒してきました。

noyaのノとヤは漢字で書くと"野"とし、漢字の意味は"自然そのまま"を意味します。その時期毎に、なるべくしての姿、色。
自然を神と崇め恐れた日本人ならでわの自然観に着目し、かたちにしました。

−万葉の12ヶ月−
日本最古の書物"万葉集"から抜粋した、日本の一年を彩る十二の植物。和花の力強く凛とした姿を一堂に。

協力

花のポストカード| 谷匡子(atelier doux.ce/フラワースタイリスト) 東北関東大震災 後方支援 チャリティ品 収益のすべてを東北関東大震災の後方支援金として「あしなが育英会」へ寄付させていただきます。

宇和海パール 宇和海パールを使用した作品をご紹介します。

場所

Gallery Size 東京都目黒区自由が丘2-15-10 A&Dハウス401 (自由が丘駅 徒歩3分)

<アクセス> 
正面口改札を出てロータリー左手方向、線路手前「ドトール」の脇道を入り直進。
学園通りの交差点もそのまま信号を超えて直進。
左手「Hug O War」、右手「nest Robe」を超え、「芳賀医院」の手前角を右に入り突き当たりの建物4F。
1F園芸ショップ右手奥入り口。
※EVはありません。ベビーカーなどは1F入口付近の邪魔にならないところへお願いします。

NOMADIC CIRCUS vol.1 −WHITE− @NO DESIGN GALLERY 中目黒

★ NOMADIC CIRCUS vol.1は終了いたしました。
★ 当日の様子をblogにアップしました。→ 1 2 3 4
★ 2011/11/11 売上の3%を東日本大震災後方支援として「あしなが育英会」へ寄付しました。

日時

2011年10月22日(土) open 11:30 〜 close 19:30

11:30 〜 13:30 
すうじのワークショップ 「コズミック・ナンバー ~数字と色のコラージュピクニック~」
<講師> 大嶋櫻子 × 佐直真紀子(Sakuraco∞Lab/cosmic number × anduuum
<内容> 宇宙のカケラとしてこの地球に降り立った日、すなわち私たちの誕生日には、
自分の成り立ちを知るヒントがたくさん隠されています。
それはまるでGift boxのようで、どうやら自分のことを解読するための数字や色の暗号がつまっているみたい・・
それを解き明かしていくカギが "コズミック・ナンバー" です。
今回はそこから出てくる自分の数字と色を実際にコラージュしてみましょう。
きっと、今の自分が視覚的に感じられると思います。
そしてランチには、anduuumによるNumber gift boxをみんなで食べてしまいます。
数字と色のエッセンスをまるごと頂く、楽しい時間です♪
<参加費> ¥3500(Number gift boxランチ付) <定員> 6名

14:30 〜 16:30 
フラワーレッスン「無垢な色との対話」
<講師> 桑原佳代(Greenhouse301/フラワーデザイナー)
<内容> どなたでも簡単にテーブルデコレーション出来る装飾の一例をご紹介し、お作り頂きます。
簡単なアイディアで普段の生活を花で彩るきっかけになれば幸いです。
(花器はお持ち帰り頂きます。お持ち帰り用の袋はこちらでご用意いたします。)
<参加費> ¥6500  <定員> 6名

17:30 〜 19:30 
多肉植物ワークショップ 「盆栽タニクを作ろう」
<講師> 西美奈(yuzuriha店主/minamoto)
<内容>普段押し入れにしまわれているおもちゃや埃をかぶってしまったもの、
なんだかそろそろ新しいフュギュアが・・という方!
タニク植物で景色をつくり、居場所をつくってみませんか?
植物、おもちゃと共に命が吹き替えり物語が生まれます。
居場所を欲しがるご自分のおもちゃをご持参ください。
(おもちゃがないけど作りたい!な方の為にこちらでもご用意いたします。)
<参加費> ¥3000  <定員> 6名


各イベントへのご参加は事前申し込みとさせていただいております。
詳細は本サイトの "contact" ページをご覧いただき、メールにてお申し込みください。
追って、詳細をご連絡させていただきます。
尚、定員になり次第、募集を締め切らせていただきますのでご了承ください。

各イベントとも材料手配などのため、10/19(水)18:00でお申込みを締め切らせていただきます。

演目|団員紹介(50音順)

マルセイユ石鹸| うえだちづる(サボン ド マルセイユ) 4歳になる長男の出産を期に始めた手作り石鹸。
100%植物性オイル、ナッツ、スパイス、ハチミツなど
食材や自然の産物を材料にコールドプロセス法で制作。
天然のグリセリンや余剰油脂によって洗い心地はマイルド。

合成保存料、合成界面活性剤、酸化防止剤、
合成着色料等の添加物は使用しておりません。
天然素材100%で作られた手作り石鹸はバクテリアによって
24時間ほどで水と炭酸ガスに分解されるため、
海や川をひどく汚すことはありません。
美味しそうな材料で作った家族とチキュウに優しい石鹸です。
※手作り石鹸は薬事法上は医薬品、医薬部外品、化粧品ではありません。

蜜蝋キャンドル| 大内美生・智生(peker chise) peker(ペケル)はアイヌ語で「清らか」、
chise(チセ)は「家」という意味。

アイヌの人々は、
チセ(家)の中心にアペフチカムイ(火の神)を置き、
日々の暮らしを見守るものとして生活をともにしてきました。
神秘の昆虫・ミツバチが家をつくるために分泌する蜜蝋は、
燃焼時にマイナスイオンを発生して空気を清める働きをし、
古くから神聖な場で多く使われていたとされています。

peker chiseは、蜜蝋をベースに精油をブレンドし、
自然が織りなす数字の姿を表現したアロマキャンドルです。

小さなブーケと小さなリース| 大澤英美(La Note Muette/フラワースタイリスト) 幼少の頃より草花に興味をもち、池坊で生け花を始める。
その後 副島三煌氏のもとでフラワーデザインを学び、
ショップ勤務ののち27歳でフランスへ。

パリでは "Vertumne" "Flamant home interiors" に勤務。
有名ブティックやホテルの店内装飾、オルセー美術館でのレセプションをはじめ、 数々のイベント会場の装飾、シャトーでのブライダルなど多くの経験を積み、6年半の滞在を経て帰国。

現在はフリーのフラワースタイリストとしてブライダルやレセプションの装飾などを行うともに、 インテリアショップ TIME&STYLEなどでインテリア空間への花のあり方を提案している。

コズミックナンバーBOOK・ビーズジュエリー| 大嶋櫻子(Sakuraco∞Labcosmic number 鎌倉・長谷にある、
"数字と色とかたち" のアトリエ、Sakuraco∞Lab。
そこでは、砂糖のカケラのような小さなビーズがいろんな幾何学模様に変化して、 SAKURACOジュエリーが編み上げられています。そんなビーズワークの過程から、オリジナルの数秘術「コズミック・ナンバー」は産声を上げました。

数字の世界はとってもアーティスティックで、いろんな言葉を発しています。
私たちの誕生日にも隠されている "数字のひみつ" とそこから導き出す "色のエッセンス" を加えて、 日常をピリリと輝かす "かたち" を生み出しています。

レディース服・こども服・服飾小物| 金沢舞(m+ 嵯峨美術短期大学(現/京都嵯峨芸術大学)美術学部デザイン科卒業 / 名古屋芸術大学美術学部デザイン科卒業

m+(エムプラス)は 「m(私)+ あなた でつくる」との意。
こんなお洋服が欲しいな・・というあなたの想いを形にするお手伝いをいたします。

お仕立てをもっと身近に感じてもらいたいと、
2005年、長女の出産を機にネットを中心に活動をスタート。

ウェディングプレゼンテーション・リース| 桑原佳代(Greenhouse301/フラワーデザイナー) 武蔵野美術大学短期大学部 空間演出デザイン学科卒業後、
映画・映像関係の仕事に携わる。
退職後、デュプロマ取得のため渡英し、本格的にフラワーデザインを取得。
帰国後、有名ブランドの装飾を手がけるフラワーデザイナーのアシスタントを経て、 主に展示会・イベント・レセプションパーティ・ディスプレイ・ウェディング装飾など、 花を用いた空間演出を手がけている。

花と植物のアトリエGreenhouse301は、ナチュラルモダンをテーマに、ただ何かを提案するのではなく、 お客様の "何か" を引き出すようなアトリエです。

しろくてあまい一皿| 佐直真紀子(anduuum 或る日の、いつかの週末の、特別な1日の、 だれかのおうち、公園、ピクニック、山登り、海辺、パーティー・・

食べものを広げたその場所に、ふわっとおいしい時間が流れるよう、 季節の野菜や果物を使って、「嬉しい」が広がる空間作りを行っています。

個人・会社・イベント等への、ランチ&お夜食まかないごはんや、Party foodのケータリング、 メニュー開発等も承り中。
時々「ごはん会」も開いています。

ヘッドドレスとヘアアクセサリー| 柴山麻衣子・石井里佳・諏訪由香(Rym) 2008年よりパーティーやウェディングのヘッドドレスを中心に、 すべてハンドメイドの一点もののアクセサリーなどを制作。 2010年からは、完全オーダーメイドのウェディングラインを本格的にスタート。

他にはないゴージャス感、too muchな作品が特徴的。

minamotoタニクとアクセサリー| 西美奈(yuzuriha店主/minamoto作家) 祖父母が営んでいたセトモノ店を改装し、緑・器・アートのお店 "yuzuriha" を経営。
minaからふつふつ生まれでた "mina-moto" のつぶ達、多肉の鉢やオブジェ、アクセサリーなどを制作。

生まれでてくるものの底知れぬパワー。 人も心も自然も存在するものすべて。人から自然から学ぶものすべて。 その力を忘れず生きていく「minamoto (源)」となるようなものを生み出しています。

お仕立て屋 "m+" のマイさんとのコラボレーションアクセサリーも制作中。陶器を担当。

焼菓子と食まわりの布小物| 日高彩(sounds like food 2008年より「食」をとりまく時間をより楽しいものにしたいと活動中。 food partyやケータリング、展示会のお菓子などの焼き菓子などをメインに制作。

2011年秋より、食まわりの布小物など新たに展開を広げての活動を計画中。

協力

宇和海パール

花のポストカード| 谷匡子(atelier doux.ce/フラワースタイリスト) 東北関東大震災 後方支援 チャリティ品 収益のすべてを東北関東大震災の後方支援金とさせていただきます。

場所

NO DESIGN GALLERY NAKAMEGURO 東京都目黒区上目黒1-7-2

中目黒駅 徒歩3分/代官山駅 徒歩6分/恵比寿駅 徒歩9分

<中目黒駅からのアクセス>
改札正面の横断歩道を渡り、
すぐ右側の高架下沿いの小道をまっすぐ代官山方面へ進む。
目黒川を超え、右手にセブンイレブン、
左手に「blueblue」の角を左に曲がる。
高架下をくぐり、すぐ左手銭湯のとなりの建物1F。

<お詫び>
DM・HP掲載の地図に誤りがございました。 駅前のKFCはすでに閉店しております。大変失礼いたしました。 お間違えのないようお越しください。